ニキビ化粧品 比較

MENU

お肌のトラブル、大人ニキビは何でできるのでしょう?

一番の要因は?

お肌のトラブル、大人のニキビと聞くと、過剰な皮脂でギトギトした、ベタベタなお肌に起こるもの、乾燥だなんて全く関係のない事だと思われる方が多いのではないでしょうか?
実は一見皮脂でベタベタしているように見えるお肌の内側では乾燥が起きていることがあります。

 

お肌の内側が乾いてくると、それ以上大切な水分を蒸発させてしまわないように皮脂を必要以上に分泌することで、お肌の表面を守ろうとするのです。
肌トラブルのもととなる皮脂の過剰な分泌だけでなく、お肌の表面を守る「バリア機能」をも弱くしてしまいます。健康なお肌には、潤いがとても大切で欠かせないということです。

 

潤い不足になってしまうと、表面を守るバリア機能も上手く機能しなくなり、ニキビの要因となる菌などにも負けてしまうようになってしまいます。

 

女性に多いトラブル

特に女性の悩みが多いものに、生理前・生理中などのホルモンのバランスが変化する時にニキビができやすい、ということがあります。そのため、主に女性の大人ニキビには、ホルモンのバランスが乱れることも大きな原因と考えられています。

 

けれど、生理は周期的にやってくるため、ホルモンのバランスを整えることは難しいですので、上手くスキンケアコスメなどを使いバランスを整える手助けをしたいものですね。

 

お肌の新陳代謝も低下します。

思春期にできるニキビは「できやすい、けれど治りやすい」ということはありませんでしたか?それは、古い角質細胞が剥がれ落ち、新しい角質細胞に生まれ変わる、お肌の新陳代謝「お肌のターンオーバー」が活発で、10代のころは28日周期と早いペースでお肌が生まれ変わってくれているからだと言われています。

 

しかし、年を重ねるごとにこのターンオーバー・お肌の生まれ変わりは周期が遅くなり低下していきます。お肌の新陳代謝が低下すると肌の表面に古い角質が長い期間溜まる状態が続くということで、毛穴の詰りの要因にもなります。

 

また、古い角質が溜まることで、化粧水などが浸透しにくい硬くごわごわとしたお肌になるということ。
こうなると初めにお話ししたお肌の内側の乾燥に繋がる。。。と悪いサイクルに陥ってしまいます。
大人のニキビはこのように色々な要因が重なることでおきてしまうということですね。