ニキビ化粧品 刺激物

MENU

刺激物は厳禁です!

ニキビに悪影響を与えるものの1つが、刺激物です。
刺激物というのは、コショウや唐辛子などの香辛料、それからカフェインを含むコーヒーなどですね。
こういったものを摂取しすぎると、ニキビが発生しやすくなってしまいます。

 

 

刺激物は胃腸に負担をかける!

刺激物の摂取によりニキビができやすくなる理由は、強い刺激が胃腸に負担をかけてしまうからです。
肌は、体内の状態を表す鏡のような存在です。

 

そのため、刺激物で胃腸に負担がかかると、それがニキビとなって肌表面に症状を出してしまうことがあるのです。
ダイエット目的などで、唐辛子などの刺激物を大量摂取する人もいますよね。
ですが、これは体に負担がかかると共に、ニキビにも大きな悪影響を与えます。
極端な食生活はしないように気を付けましょう。

 

刺激物は食欲増進にも!

ニキビには、食べ過ぎは良くないということはよく知られていますよね。
ですが刺激物を摂取してしまうと、これが食欲をそそることになってしまうのです。

 

例えばキムチを食べたり、塩コショウのよく効いたお肉を食べると、どんどん食が進みますよね。
ご飯もガッツリ食べたくなってしまったりします。
こうして食べ過ぎてしまうと、皮脂の過剰分泌などに繋がり、ニキビを悪化させてしまうことにもなるのです。

 

外食時には特に注意!

刺激物は、特に外食をする際に注意が必要です。
飲食店では、お客さんの食が進むようにと、平均的に濃い味付けで、刺激物も多めに使われているものが多くなっています。

 

外食の際には、できるだけ刺激物控えめな和食の定食を選ぶなど、工夫することでニキビを改善していきたいですね。