ニキビケア 睡眠

MENU

睡眠はニキビケアの要!

生活習慣の中でも、ニキビケアで特に重視したいものの1つが、睡眠です。
長さももちろん大切ですが、睡眠の質もとっても大切!
良質な睡眠をとることで、ニキビを繰り返さない健やかな肌を目指しましょう!

 

睡眠で成長ホルモン促進!

睡眠中には、成長ホルモンという物質が分泌されます。
この成長ホルモンには、傷ついた細胞を修復する作用があると言われています。
つまり、ニキビがある肌を修復するという意味でも、この成長ホルモンは大活躍してくれるのです。

 

この成長ホルモンは、特に22時〜2時の間に多く分泌されると言われています。
この時間帯に、ぐっすりと眠る工夫をしたいですね。

 

夜更かしすると代謝が低下!

夜更かしして睡眠が不足してしまうと、新陳代謝のサイクルが乱れてしまいます。
すると、肌のターンオーバーが低下して、古い角質が肌表面に残りやすくなります。
その古い角質は、毛穴を塞いでしまうので、ニキビの大きな原因にもなるのです。

 

夜はぐっすり眠り、代謝を高める工夫をすることで、ニキビや肌荒れを繰り返さないように努力しましょう!

 

良質な睡眠をとるためには

どんなに長く眠っても、目覚めた時に体が重かったり、肌の状態が良くないという場合には、睡眠の質に問題があるのかもしれません。
特に就寝後数時間は、良質な睡眠をとることが非常に重要であると言われています。

 

良質な睡眠をとるためには、体も心もしっかりリラックスすることが大切です。
ゆっくり入浴したり、就寝前にストレッチをする、リラックス効果のあるアロマを焚くなどして、睡眠の質を高めてみましょう!
特にオススメなのは、ラベンダーの香りです。

 

また、就寝前にテレビやパソコンなどを使用すると、神経が興奮してしまい、うまく眠れなくなります。
就寝前には、テレビやパソコンを消し、明かりも消して神経を鎮める工夫をしましょう。