ニキビ化粧品 比較

MENU

思春期ニキビと大人ニキビって違うの?

大人ニキビって何?

皮脂の分泌が活発な10代のころに発症するものを思春期ニキビ、一方皮脂の分泌量が落ち着く20代〜30代ごろなのに出てきてしまうものを大人ニキビと言い、一言で「ニキビ」と言われていますが、要因や症状は少し違うのです。

大人と思春期では大きく違うニキビ

この思春期ニキビと大人ニキビは、発症する年代の差だけではなく、ニキビができる要因が全く違うので対処の方法もかわってきます。
思春期のニキビは、潰すと中から脂肪のような白いものが出てくる事が多く、要因のほとんどが過剰に分泌される皮脂であるタイプがほとんどです。一方、大人のニキビは乾燥や皮脂など色々な要因が重なり、お肌の状態を悪化させたことで起こる症状だと言われています。だから思春期ニキビと同じ対処のしかたでは、お肌の負担となりかえって逆効果となってしまう場合があるようです。

共通点もあります。

要因も症状も違いがある2つの時期のニキビですが、共通点もいくつかあります。
1つ目は、皮脂の分泌コントロールが大切であること。思春期は過剰に皮脂が分泌されやすいのですが、大人の年代にも過剰に皮脂が分泌されてしまう事があります。たとえば、お肌の水分量が足りなくなってしまった時などです。正しいスキンケアを行わないと低下するお肌の潤い。その潤いを守るため、過剰に皮脂が分泌され、ニキビの要因となってしまうのです。

 

そしてもう一つの共通点は、お肌のバリア機能が低下するということです。主として、アクネ菌という菌によりニキビは引き起こります。このアクネ菌は、お肌が安定した状態ですと悪さはしにくいのですが、バリア機能が何かの理由で低くなってしまうと、ニキビは引き起こされやすくなってしまいます。
 という事は、このような共通点に働きかけてくれるスキンケアコスメならば、どちらのニキビにも対処してくれるということですね。