大人ニキビ ニキビ肌じゃない

MENU

ニキビ肌じゃないのに大人ニキビができるのはナゼ?

 

私はどちらかと言えば乾燥肌で、学生の頃はニキビ1つできたことがありませんでした。それが、20代後半の今になって、大人ニキビを繰り返すようになったのです。

 

頬にニキビができ、治ってきたと思ったらまた再発。
これの繰り返しです。
どうして皮脂の少ない肌なのに、大人ニキビができてしまうのでしょうか?

大人ニキビの悩みは、思春期ニキビとは全く違った性質があります。
思春期ニキビは、皮脂量の多さなどが原因となって起こるものです。
そのため、皮脂が少ない肌質の方はそれほど悩むことも無かったかもしれません。

 

ですが、だからといって「ニキビができない肌質」というわけではありません。
大人ニキビとなると、その原因が全く違ってくるのです。

 

まず、大人ニキビの大きな原因の1つと言われているのが、肌の乾燥です。
乾燥肌はニキビができにくいように感じられるかもしれませんが、そういうわけではないのです。
乾燥すると、肌のバリア機能が低下し、雑菌が侵入しやすくなってしまいます。

 

それから、ストレスやホルモンバランスの乱れといったことも、大人ニキビの大きな原因となります。
これらは、皮脂量が少ないということとは無関係の原因ですよね。
社会人になり、学生の頃よりも抱えるストレスが大きくなったということも、大人ニキビの原因と考えられます。

 

もう1つ考えられるのは、今使用している化粧品がお肌に合わないのでは?ということです。
化粧品は肌との相性が大切なので、どんなに良いものを使っていても、合わなければ逆効果となる可能性もあるのです。
1度、化粧品を見直してみるのも良いかもしれませんね。