ニキビ化粧品 ニキビケア

MENU

汚れをしっかり落とすケアが重要!

ニキビの原因の1つである、毛穴に詰まった汚れや皮脂。
それから、肌の表面にある古い角質。
こういったものをキレイにするためには、汚れを落とすスキンケアに着目する必要があります。

 

ニキビケアでは、有効成分を与えるケアも大切ですが、まずその前に、落とすケアを見直してみましょう。

 

肌に優しくクレンジング!

毛穴の汚れや古い角質を落とすためには、「強力なクレンジングが必要」だと考える方もいるかもしれません。ですが、実は強力過ぎるクレンジングは、かえって肌の水分を奪い、大きな負担になってしまうことがあります。

 

ニキビのある肌は敏感に傾きがちなので、できるだけ優しくクレンジングすることが大切です。
強力なクレンジングではなく、優しい作用のクレンジングで丁寧にケアしましょう。

 

また、ゴシゴシとこするクレンジング法では、肌の表面に傷をつけ、バリア機能を低下させます。
バリア機能が低下してしまうと、雑菌が侵入しやすくなり、ニキビができる大きな原因になるのです。

 

クレンジングの際には、手に力を入れず、手のひら、指の腹を使って、とことん優しく行いましょう。
肌が動かない程度の力加減が理想です。
肌の汚れやメイク汚れは、丁寧に乳化させ、溶かしだすイメージで行います。

洗顔はよく泡立てて!

ニキビ悩みの原因である毛穴の汚れを取り除きたいなら、洗顔料はよく泡立てることが大切です。
きめの細かい弾力のある泡を作れば、毛穴の中まで入り込み、汚れを絡め取ってくれます。

 

洗顔の際にも、もちろんゴシゴシ洗いは禁物!
泡のクッションで包み込むように洗いましょう。
手のひらが肌に触れないくらい、力を入れずに洗顔するのがポイントです。

洗顔の回数

洗顔は、朝晩の2回行うという方も多いですね。
皮脂が非常に多く、それが原因でニキビを繰り返しているという方には、この方法は有効かもしれません。
ですが、皮脂を過剰に取り除きすぎることは、かえって肌を乾燥させ、ニキビの原因になることもあります。

 

洗顔を1日1回、夜だけにしてみることで、肌の状態が良くなることもあります。
朝はぬるま湯で洗うだけ、という習慣を、1度試してみるのも良いですね。