ニキビ あご フェイスライン

MENU

あごやフェイスラインにできるニキビの原因とは!?

あごやフェイスラインは、とってもニキビができやすい場所ですよね。
思春期ニキビの場合には、Tゾーンなど脂っぽい場所にできやすいものですが、大人ニキビはあごやフェイスラインにできやすい傾向があります。
ではどうして、あごやフェイスラインにニキビができやすくなってしまうのでしょうか?
その原因について紹介します。

 

↓↓↓詳しい情報はこちらから!↓↓↓

メルライン

乾燥が原因!

まず、口周りの皮膚というのはとってもデリケートで乾燥しやすくなっています。
あごも口周りの一部ですから、乾燥しやすく、この乾燥が原因のニキビが発生しやすいのです。
ニキビといえば皮脂が多い肌に起こると思われがちですが、実は乾燥も大きな原因となっています。

 

肌が乾燥すると、角質を硬くし、これが毛穴を詰まらせます。
毛穴の詰まりはニキビ菌の餌となり、ニキビの発生や悪化につながるのです。

 

胃腸の不調が現れる!

あごやフェイスラインにできるニキビは、胃腸の不調を表している可能性があります。
胃腸に負担がかかると、抵抗力が弱り、肌もニキビ菌に負けやすくなってしまうのです。
それに、胃腸の調子が悪くなることで、脂っこい物や甘い物を食べ過ぎた時に体内で処理しきれずに、皮膚症状として現れることがあります。
これも、あごやフェイスラインに多発するニキビの原因の1つですね。

 

ホルモンバランスの乱れ

あごやフェイスラインのニキビには、ホルモンバランスの乱れも大きく関係しています。
例えばあごにニキビを繰り返している方は、婦人科系の病気の症状を併発していることもあります。
子宮内膜症や、生理不順、生理痛などを伴うこともあり、このことからもホルモンバランスが大きく関係しているということが分かりますね。

 

さらに、あごという部分は男性ホルモンの影響を受けやすい部位だと言われています。
男性ホルモンには皮脂の分泌量を増やしてしまう働きがあります。
そのため、ホルモンバランスが乱れることであごの皮脂分泌量が増え、ニキビができやすくなるのです。

 

ヘアスタイルの影響

フェイスラインには髪がかかっていることも多いですよね。
この髪の刺激は、肌に悪影響を及ぼします。
また、整髪料などを使うと、これも肌への負担となり、ニキビができやすい環境になってしまったりするのです。

 

あごやフェイスラインにできてしまうニキビの原因は、実に複雑です。
肌表面だけでなく、身体の内部の影響も大きく受けている可能性が高いので、生活習慣の改善をしながらスキンケアもしっかり行い、気長に構えて対策していきましょう!

 

 

↓↓↓詳しい情報はこちらから!↓↓↓

メルライン