ニキビ化粧品 比較

MENU

生活習慣によるニキビ

ストレスニキビ

現代の人で、ストレスを感じていない人はそういないでしょう。ストレスの感じ方は人それぞれ、解消の仕方もそれぞれですよね。過度のストレスや、ストレスをため込み過ぎると見えないところで、お肌にかなりのダメージを与えています。

 

ストレスを感じて緊張状態が続くと男性ホルモンが大量に分泌されることがニキビの原因となります。男性ホルモンは皮脂腺の活動を活発化させてしまうので多量に皮脂を分泌してしまうのです。
その皮脂が毛穴に詰まりニキビになり、ニキビが出来るとその見た目からまたストレスが溜まり治り辛くなる。という負のスパイラルの出来上がりです。ニキビに気づいたら、まず出来るだけストレスを増やさない、解消することを心がけましょう。

 

睡眠不足ニキビ

人は寝ている間に体をリセットします。肌も同じで、寝ている間にターンオーバーを行います。しかし現代社会ではテレビゲームやインターネットなどの普及により寝不足を感じている人が多いのではないでしょうか。
その睡眠不足が肌トラブルの原因になります。
毎日寝ることが仕事の子供の肌ってスキンケアをほとんどしてなくて、紫外線にあたってばかりなのにみずみずしく綺麗ですよね。

 

人の肌は、睡眠をとることで肌内部から新しい細胞を作っていきます。特に夜10時から2時の間の新陳代謝は活発でその間に睡眠をとることはとても重要なのです。たとえば、お化粧を落としてお風呂に入っていたら10時を超えてしまうな〜という場合。こういった場合はお風呂を翌朝にして寝ることを優先するそうです。お化粧を落とすことは、ニキビケアにとても重要なので優先事項ですが、お風呂に入ることよりも睡眠時間の確保を優先するほどに、睡眠をとることが重要ということがわかります。

 

胃腸不良ニキビ

胃腸の働きが悪い時、体の中ではこのようなことが起こっています。
胃腸の働きが悪い→消化不良→胃に残留物(毒素)が残る→毒素を排出するため肝臓や腎臓が活発に働く→解毒しきれなかった部分が毛穴から出ようとする→毛穴が詰まる。

 

こうした原因で、胃腸不良からニキビが出来てしまいます。
さらに体調が悪くなるとストレスを感じますから、胃腸不良一つで、ニキビの原因をいくつも作り上げていることになります。毛穴にもかなり負担が掛かっています。
このニキビを作らないようにするには高脂肪食品を減らし、ビタミンを多く摂取するなど、食生活を見直すことが重要です。スキンケアと平行に行いながら少しずつ治療していきます。