ニキビ化粧品 泡

MENU

泡にこだわった洗顔を!

ニキビの原因となる汚れを落とすために、クレンジングの次に行うのが洗顔です。
クレンジングと洗顔、という2つの「落とすケア」は、「与えるケア」よりも重要性が高いと言われています。
洗顔も、とにかく丁寧に行うことを心がけましょう。

 

 

まずは手を清潔に!

洗顔をする際に、まずは手を清潔にしてください。
雑菌や汚れがたっぷり付いた手で洗顔をしてしまうと、その雑菌が顔のお肌にも悪影響を及ぼしてしまいます。
丁寧に手を石鹸で洗って、清潔にしてから洗顔料を手に取りましょう。

 

しっかり素洗い!

洗顔料を付けて洗う前に、まずはしかりとぬるま湯で素洗いをしてください。
肌についた埃や、クレンジング料などをきちんと落としておきます。
熱過ぎるお湯は肌の乾燥を招きますし、冷たすぎる水は毛穴を引き締めてしまい、毛穴の汚れが落ちにくくなってしまいます。
人肌程度のぬるま湯が理想です。

 

洗顔料をしっかり泡立て!

続いて、洗顔料をしっかりと泡立てる段階です。
手の平に適量の洗顔料をとり、ぬるま湯を加えて、丁寧に空気を入れる感覚で泡立てていきましょう。
手の平に乗せてひっくり返しても落ちてこないくらいの弾力が理想です。

 

しっかり弾力のある泡を立てると、肌の上でクッションとなり、肌に負担をかけずに洗顔することができます。
また、細かい泡を転がすことで、毛穴の汚れを絡め取ることができるのです。

 

洗顔料はきっちりすすいで!

洗顔でせっかく肌の汚れをキレイにしても、その後、すすぎがしっかりできていないと意味がありません。
ぬるま湯で30回程度、十分にすすいでください。

 

小鼻のワキや髪の生え際なども、しっかり落としましょう。
洗顔料のすすぎ残しも、ニキビの原因になるので、このすすぎの過程も意外と重要です!