ニキビ 清潔

MENU

身の周りを清潔に!

ニキビケアでは、肌の清潔は基本となる部分ですよね。
ですが、実は肌の清潔だけでなく、身の周りの清潔というのも大切なポイントとなっています。

衣類の清潔

汗をかいた衣類を、そのまま身に着けていると、雑菌が増殖します。
雑菌はニキビの原因の1つでもありますので、注意したいですね。

 

また、衣類が汗などで湿った状態のまま身に着けていると、肌がふやけて弱くなってしまいます。
特に背中やお尻などのボディに発生するニキビは、衣類の清潔も重要なポイントとなります。

 

ただし、洗剤が残ってしまっても肌に刺激となるので注意が必要です。
よく濯ぎ、しっかり天日干しや乾燥機で乾かしましょう!

 

寝具の清潔

ニキビの中には、ダニが原因になって起こるものもあります。
人は寝具の中で1日の約1/3を過ごしています。
この寝具に、ダニが生息していると、ニキビができる可能性が高くなってしまいます。

 

顔が直接触れる枕を清潔にするのはもちろんのこと、布団やシーツといったものも、洗濯したり干したりして清潔を保つようにしましょう。
ダニは生物ですから、寝具の中を楽々移動してしまいます。
「枕だけ干したから大丈夫」ということではなく、寝具丸ごと清潔にすることが重要ですね。

 

掃除もしっかり!

家の中にホコリがたくさんあると、美容や健康に良くない影響もいろいろ考えられます。
カーペットやソファに潜むダニも気になりますし、汚い空気を吸い込めば、肌にも悪影響が出てきますね。

 

また、ホコリや花粉によるアレルギーを発症すれば、鼻や目といった部分を掻いたりしてしまい、これも肌のバリア機能の低下につながります。
バリア機能が低下すれば、ニキビ等の肌トラブルも起こりやすくなってしまうのです。

 

家の中の掃除をしっかり行うことは、肌の健康を守るためにも大切です。
肌のケアだけでなく、家のケアも怠らないようにしましょう!