ニキビ化粧品 比較

MENU

年代別ニキビ対策

20代ニキビ

20代のニキビは10代のニキビに比べると多少複雑になっています。
10代のころは思春期ニキビが多く、成長ホルモンのバランスによる皮脂の分泌が多量になることが大きな原因でしたが、20代になると成長ホルモンの分泌は落ち着きます。

 

ではなぜニキビは減らないのでしょうか?
成長ホルモンによる皮脂の分泌とは別の理由で、皮脂分泌が増加しているからです。
体調不良、睡眠不足、食生活の乱れなど様々な原因が挙げられますが、それらによって皮脂が多量に分泌しています。また、10代に比べて肌も乾燥しやすく、毛穴が詰まりやすくなっていますので、20代ニキビには生活習慣の見直しと保湿スキンケアが効果的です。

 

30代ニキビ

30代ニキビには成長ホルモンによる影響はまったくないと言われていますが、皮脂量は30代がピークになります。皮脂量がピークということは、ニキビができやすい時期ということでもあります。
よくお肌の曲がり角、20代のころはなかったのに30代になると変わった!という女性も多いと思いますがそれには実は、30代の皮脂量が一番多いからという背景があります。

 

30代になると、肌の水分量もかなり減り反対に皮脂の分泌量は多い、ニキビのできやすい毛穴の詰まりやすい環境なのです。合わせてストレスや体調不良など体の変化も出てきますから、出来るだけニキビのできにくい環境づくりを心がけましょう。
肌が潤っていれば、どれだけ皮脂が分泌しても毛穴に詰まることはありません。スキンケア、クレンジングをきちんとして、お肌の潤いを保ちましょう。

 

40代ニキビ

40代になると、皮脂の分泌量がかなり減っていきます。ですのでかなりニキビは出来にくくなってくる傾向にあります。ではなぜできるのでしょうか?
40代になるとさらに肌の乾燥が進みます。皮脂の分泌が少なくなっているので肌が乾燥していてもニキビは出来にくいようですが、油の多い食事、ストレス、生活習慣の乱れなどにより一時的に皮脂が多量に分泌することがあります。そういった場合、毛穴に皮脂が詰まりやすく、ニキビにつながります。

 

30代まで悩まされていたニキビでも、40代になると出来にくい傾向にあるようですが、油断は禁物!思いがけない原因からニキビが出来てしまいます。出来るだけ水分量を増やすよう引き続きスキンケアに気を配り、生活習慣を整えることでキレイな肌を保つことが出来ます。