ニキビ肌 ピーリング

MENU

ニキビ肌にピーリングは効果がある!?

ニキビ肌のスキンケア法の1つとして、ピーリングという方法がありますね。
ピーリングというのは、酸のパワーによって肌の表面の角質を強制的に取り除く方法です。
では、このピーリングは本当にニキビ肌に効果があるのでしょうか?

 

 

正しい方法で行わないと危険!

ピーリングを家庭で行う場合には、使用するのは酸などの化学物質を配合したスキンケアアイテムです。
そのため、使用方法を謝ったり、肌に合わなかった場合には逆効果となり、負担をかけてしまうことになります。

 

家庭でピーリングによるケアを行う際には、使用上の注意をよく読み、正しい方法で行いましょう。
最初に、肌の目立たない部分で試してから、問題が無いかどうか確認しておくと安心ですね。

 

それから、ピーリングの施術後にはしっかりと保湿ケアを行い、刺激を与えないこと、紫外線に当たらないようにすることが大切です。これらの注意点を守れないと、肌に大きなダメージを与えてしまう可能性もあります。

 

特に敏感肌の方の場合には、ピーリングは家庭で自己判断で行うのではなく、エステや美容クリニックといった専門の機関で受けるようにしましょう。
医療機関には、レーザーピーリングなどの方法もあり、より安全に効果的に古い角質を剥がすことができます。

 

ピーリングの効果とは?

ピーリングは、古い角質を取り除くことにより、肌の代謝を助けてくれます。
肌の表面に古い角質が溜まっていると、肌が本来の正常な働きをすることができなくなり、これがニキビの原因にもなってしまいます。
角質が厚くなってしまうと、毛穴に皮脂が詰まりやすくなるということも分かっています。

 

これらの症状を改善してくれるのが、ピーリングによる効果です。
古い角質を強制的に取り除くことにより、ニキビができにくい肌状態へと導くことができるのです。

 

スペシャルケアとして、時々取り入れてみるのも良いかもしれませんね。